*living seed*

ivyheart.exblog.jp

<   2019年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

Table of the weekend パスタランチ

a0165160_17594788.jpg

あさりとステックブロッコリーのパスタ
パンプキンスープ
サラダ


平日

ほぼ
和食の我が家


週末らしいランチにしたいなぁ~と。

ほんとうは
あさりと菜の花で作る予定が
お弁当に使い切ってしまい
ステックブロッコリーに。

a0165160_17501300.jpg


生活クラブで初めて知った
ステックブロッコリー。

通常のブロッコリーより
調理しやすく
リピートしています。


週末だけ
早朝から仕事しているのですけれど

ありがたいことに
モーニングのお客様も増え
時間内に終わらないことも

でも

朝働くのが好きで
気持良くて

明日も

「頑張ろうっと♪」






by heart_ivy | 2019-01-19 17:56 | food(ごはんetc)

my kitchen お掃除日和

a0165160_17292370.jpg


大好きな冬晴れ


そんな日は

お出掛けもしたいけれど

お掃除がしたくなります




来月
お嫁さんたちが来てくれるので
キッチンを少し綺麗に

思っていたら
止まらなくなり

気づけば
外が暗い

何気ない
ひとつのことに
ものすごい集中力発揮
してしまう私
!!

逆に
同時に違うことをこなすのが大の苦手。


残念すぎるけれど

こんな自分と半世紀以上
付き合ってます。


いつか
誰かに

「芸術肌なのね。」


言われたけれど

どうなのでしょうか

芸術家に叱られそう
!!

苦笑








by heart_ivy | 2019-01-19 17:40 | interior

lunch box  ちいさな積み重ね

a0165160_22125749.jpg
牛肉とごぼうと小結しらたき
しぐれ煮
焼き鮭
ちくわのカレー風味揚げ
卵焼き
菜の花の辛し和え

穀宝米

a0165160_22151923.jpg
レンコンの挟み焼
人参の天ぷら
厚揚げといんげんと人参
サッと煮

三つ葉入り卵焼き
菜の花の胡麻和え

ちりめん山椒ごはん


a0165160_22103832.jpg

いわしの大葉とチーズのロール揚げ
いわしの大葉と梅のロール揚げ

厚揚げといんげんと人参
サッと煮
桜えび入り卵焼き
ステックブロッコリーの胡麻和え



お弁当作り

それは

日常のちいさなことだけれど

丁寧に
大切に
その積み重ねが
大切なのかな






by heart_ivy | 2019-01-18 22:20 | food(お弁当・サンドイッチetc)

from KYOTO 季節限定 銘菓

a0165160_21455238.jpg

三十三間堂で
成人式の日に行われる
祭礼行事

通し矢

それにちなんだ
七条甘春堂の季節限定の銘菓も
お土産に買ってきてくれました。



a0165160_21521710.jpg

とっても美味しくて。


私も
少しだけ

京都気分味わえて
感謝。

a0165160_21400737.jpg





by heart_ivy | 2019-01-17 21:56 | food(おやつetc)

Lunch time 身体に良いメニューを母のために

a0165160_19362441.jpg
里芋と鶏団子の味噌仕立てのお鍋
a0165160_20131155.jpg
鶏団子の中にもしょうが汁を


イワシの大葉とチーズのロール揚げ
イワシの大葉と梅のロール揚げ

桜海老入り卵焼き

厚揚げといんげんと人参の
生姜風味のさっと煮

ステックブロッコリーの胡麻和え

穀宝米

a0165160_19500729.jpg


memo

ロール揚げを作るとき

できれば
天ぷら用に捌いたイワシを買うこと
多いのです。

そのほうが仕上がりが綺麗で

でも
今回は自分で捌いてから
ロール状にして
揚げて
半分に切って盛り付けしたら

切り口
汚くて残念

味は変わらないので
どんまい
!!


memo


盛り付けも
お鍋も

イマイチ

なのには
理由がありまして

母とのランチ

予定より
一時間半遅れだったのです。

「迎えに行くから家にいてね。」
何度も
何度も
伝えたのに

またまた
行き違い

ランチの準備のときには
既に
母を探して
ヘトヘト

心配性なので
悪いほうへと
考えてしまう性格


一方
母はケロっとして

性格って
いくつになっても
変われませんね。


「ふぅ~疲れました。」


トマトのサラダなど
もう少し
作る予定だったのです。





by heart_ivy | 2019-01-16 19:50 | guest(おもてなし)

sage テーブルの下で母を待つ

a0165160_19261915.jpg
「おばあちゃん まだかな・・・」


言葉は話せなくても
全てを解っているような
賢いラブラドール
sage


私が母の元へ行く機会が増え

サージュと母の対面は
久しぶり。


それを察して

一時間も前から
母が座るテーブルの下に待機

こんな姿に
キュンとしてしまいます。




共に老いが急速に進行して
より通じ合えているような
「おばあちゃんに優しくしてあげてね。」

そんな風に
訴えるような表情も
「優しいね。サージュ。」



by heart_ivy | 2019-01-16 19:29 | with dog(日常・お散歩)

from KYOTO ② 本和三盆の落雁

a0165160_19071889.jpg
福俵

俵屋旅館の屋号にちなんだ
俵型の落雁

石鹸と一緒に選んでくれたもの。


最上級の和三盆が使われているそうで
とっても美味しくて。
a0165160_19110209.jpg


a0165160_19083762.jpg


そして

びっくりしたのが

今日
ポストの中に

ギャラリー遊形からのお礼状
見つけて
!!!

a0165160_19211673.jpg

昨夜
ブログに綴った
遊形の石鹸の思い出

夫もお店の方につたえたのだなぁ~
嬉しくなりました。

帰宅したら
聞いてみましょうっと。







by heart_ivy | 2019-01-16 19:24 | food(おやつetc)

from KYOTO ① 素敵なギャラリー&懐かしすぎるイッピン

a0165160_17385636.jpg


夫が大阪出張の前に
京都へ


懐かしすぎる
大好きなイッピン

お土産に買ってきてくれました♪

「ありがとう~!」


a0165160_17555282.jpg
ほんとうは6個入りの箱が欲しかったけれど
3個入りのパッケージデザインも素敵です。

リボンにうっとり







もう
16年くらい
前になるでしょうか

やっと
念願の東京に転勤で戻ってきたものの

神戸に3か月間も長期出張

サラリーマンは大変です。
苦笑







週末ごとに

関西のおみやげ
買って帰ってきてくれました。


有名な
あの あぶら取り紙だったり




その中で一番!

私が感動したのがこの石鹸


一度は泊まってみたい
俵屋旅館で使われている
オリジナル石鹸

俵屋旅館運営のギャラリー

"遊形"

にて
販売されています。


6個入りのパッケージデザインに惹かれ

使ってまた惹かれ

そのあと
私自身も京都へ行く機会があり
お店にも伺いました。

まだまだ
ブログを始める

ずっと
ずっと
前のことです。


夫曰く
お店も新しくなっていたそうです。


以前は
このTロゴはなかったです。

オリジナルハンドタオルやお菓子も
選んできてくれました。


「京都 行きたくなりました♪」


a0165160_18002214.jpg
夫がブログ用に?笑
写真も撮ってきてくれました。

アングル
イマイチだけどね







by heart_ivy | 2019-01-15 18:01 | favorite

lunch box コミュニケーション

a0165160_17164856.jpg
人参とゴボウの豚肉巻き煮
舞茸とちくわの磯辺揚げ
ステックブロッコリーと人参
明太マヨ和え
卵焼き

宝穀米



夫婦で同じお弁当を食べること


時間と食費の節約のため
始めたのですけれど


良い
コミュニケーション
なっています。


お弁当って
「奥が深いな~」


寒い時期は
食材が痛む心配もなく

毎朝
作る時間
楽しんでいます。


そろそろ
夫のお弁当箱

変えたいなぁ~
思うのに

私の母から受け継いだ
このお弁当箱が良いそうです。


その気持ち ありがたし。





by heart_ivy | 2019-01-15 17:23 | food(お弁当・サンドイッチetc)

favorite magazine 民藝のある暮らし

a0165160_16565101.jpg


この手の雑誌
たくさん持っているのに

かご、南部鉄器、漆器

という
サブタイトル

「買わないわけにはいきませんね。」



雑誌と一緒に写した
入れ子の竹かご

使い始めて
もう
30年もの月日が流れました



大分前に

このブログにも
書きましたけれど

最近
訪問してくださった方々に
もう一度。




20代
ハウスメーカーで
キッチンの設計をしていた頃
岡山の工場へ出張。

その帰り
ひとりで倉敷へ

アイビースクエアの中にある
民芸品のお土産屋さんで一目ぼれして
購入したものです。

当時
まだ子供はいなかったのですが
結婚していて

民芸品に惹かれ
少しづつ
予算内で購入し始めた
懐かしい時代。



この雑誌のなかに

「民藝が一点加わるごとに、
生活の質が上がってきたのを感じます」

という
言葉が心に響きました。


我が家の生活

向上しているかどうか
わかりませんけれど


大事に大事に
使い続けています。


memo


いたずらで
別の意味で
(笑)
籠が大好きだったヤンチャサージュ

この入れ子のかごも
一番大きいのは
端っこを噛まれているのです。

大事な籠たち
いくつか
噛まれてしまって

それが
ただただ
残念。

でも
サージュへの愛しさあまり
諦めも早かったです。









by heart_ivy | 2019-01-15 17:11 | favorite