*living seed*

ivyheart.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

Genuine article 一流のインテリアとホスピタリティ



a0165160_12094867.jpg
Waiting Bar

インテリアを学んできたので

お料理だけでなく
一流のお店の空間を味わえるのも
とても楽しみでした。

まさか
写真を撮れるとは
思っていなかったのですけれど

この時間
私たちだけでしたので
「どうぞ」
言っていただいて。


最初に案内してくださった
ウエイティングバーは
エミール・ガレの間接照明だけで
ナイトタイムに
ちょうどよい明るさ
暗さと表現したほうがよいのでしょうか
・・・



※実際にはもう少し暗かったのですけれど
見えやすいように写真を明るくしています。

お酒が並んだ
アンティーク家具もとっても素敵でした。

一番奥に見えるのが
案内して頂いたテーブルです。

そして

下の写真は
逆にお食事のテーブルから
ウェイティングルームに向かって。

一番奥に
エミール・ガレのスタンドライトが見えます。


駅面の洋画も
もちろんすべて本物

クラシカルな美術館を訪れたように
そんな
気持になりました。


a0165160_11472297.jpg



"本物"

それらが長い時を経て
より味わい深く
落ち着いた上質な空間にうっとり。

ディナータイムならではの
優雅さのようなものも
初めて体験したのでした。


何もかも
感動しましたけれど



一番は

やはり

”本物”

ホスピタリティ

支配人さんをはじめ
スタッフの方々の細やかな気遣い


あとから
「もう一組いらっしゃいます。」
ということ

席について
しばらくして教えてくださったのです。

普通なら
「お隣のテーブルかしら・・・」
思いませんか?

そのほうがスタッフの方も
サービスしやすいと思うのです。
a0165160_11445603.jpg
でも

そのお客様は
お二人ではなく
グループ

更に
こちらのようなお店に
慣れた方々のようで

あえて
お隣のお部屋の少し離れたテーブルに
案内してくださったようです。


複数のおしゃべりの音への気遣い
私たちが気後れしない配慮

なにより
その方々が到着されると

そっと
私たちのお部屋のガラス扉を閉めて

静かにお食事を楽しめるように
してくださって

ほんとうに個室を予約したような
リラックスできる空間に。

そして

お隣のテーブルに
どなたもいらっしゃらないことがわかり
すりガラスが素敵で
最後に
写真を撮らせて頂きました。


このような高級レストランでは
お料理の写真は撮らず
そう
決めてきましたけれど

ドアが閉まり
個室になって
デザートだけ
記念に
a0165160_13594845.jpg
ミルフィーユとアーモンドアイス

更に夫には
メッセージの入った
お祝いのプレート



a0165160_14042565.jpg

ホットコーヒーも
今までの人生の中で
一番 美味しかったです。






memo



もしかしたら

普段から
一流のレストラン
利用されている方々からみたら
当然
思われるのでしょうか
・・・

私は
ひとつ
ひとつ
感動しました。


こんな素敵な夜をプレゼントしてくださった
夫の会社にも
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



a0165160_13171497.jpg





by heart_ivy | 2018-06-23 14:10 | shop(カフェ・レストランなど)

Grand Maison  緑に囲まれた憧れの洋館で♪

a0165160_10335391.jpg
CHEZ MATSUO
@shibuya-ku syoto

予約していた時間より
大分早く着いたのですけれど

スタッフの方が外にでていらして
出迎えてくださいました。
a0165160_13044344.jpg
写真の許可を頂き
私だけ後からお店へ
苦笑

そして
ウエイティングバーに案内され

建築
内装
調度品
全てに感動して
緊張が頂点に達して
!!



a0165160_13075307.jpg
大正9年
イギリスの建築家が設計したドイツ様式の民家

高級フレンチレストランとして
オープンしたのは1980年


高級住宅街に佇む
緑に囲まれた洋館

20代の頃

憧れて
憧れて

「いつか行ってみたい」
そう思っていました。



30年の時を経て

思いがけず
定年退職のお祝いとして
夫の会社から
こちらのディナーをプレゼントして頂き

至福の時間

過ごしてきました。
a0165160_10190390.jpg
夫のメニューには
「長い間 ありがとうございます!」
文字

ジーンときました。

「37年間 お疲れ様。ありがとう。」





私たちにとって特別なディナー

季節の良いときに
予約したかったのですけれど

夫の有休休暇の調整
義母のこと
梅雨の時期になってしまい
少し残念に思っていました。

でも
それが幸いしたのです。


昨夜は私たち含め
ディナーは2組だけ



個室で頂いているような雰囲気の中

サービス
そして
ワインのセレクト

支配人さんが担当してくださって
夢のようでした。


慣れていない私たちに合わせた
細やかな気遣い
緊張をほぐしてくださる会話



ディナーは3時間ぐらいかかる
伺う前に知って
緊張が走ったのですけれど

それは
ゆっくり
お食事をいただくだけでなく
楽しい会話が弾むからなのですね。

気づけば
リラックス

ワインも二人で5種類も頂いて
気づけば3時間 経っていました。

a0165160_10233953.jpg


a0165160_10300497.jpg
中庭の見えるお席に案内してくださって。




a0165160_15125680.jpg
最後に写真を撮ってくださって
記念になりました。

「ごちそうさま。ありがとうございます。」



最高に美味しく

夢見心地

この夜だけ
お店からタクシーで帰宅。

運転手さんも素敵な方で
ほんとうにいい夜でした。



でも
我が下町がみえてきたら
ホッとして




現実に戻って
調理補助がんばってきま~~す。

ギャップ
大きすぎます。











by heart_ivy | 2018-06-22 15:18 | shop(カフェ・レストランなど)

summer solstice あんずジャム作り♪

a0165160_11283194.jpg


「杏子酒を作りました。」
写真をお見せしたら
喜んで下さって

またまた

お庭のあんずの木の実
届けてくださいました。

「ありがとうございます♪」

今度はジャムづくり

「白ワイン買ってこなくちゃ!」



memo

ジャムの思い出

母の手作りジャムは
いつも
いちごでした。

あの甘~い香り
心に残っています。

あんずジャムはいちごより
少しだけ
特別感があるような
・・・

嬉しいな。





by heart_ivy | 2018-06-21 11:42 | food(ごはんetc)

@beauty salon 心惹かれた写真

a0165160_11211972.jpg
photo : Sanbe Masahiro



美容室においてある
雑誌の1ページに釘付け


キラキラした写真は苦手
日常の風景が好き
マットな写真が好き


ず~っと
このページを眺めていたら

「〇〇ちゃん 持って帰っていいよ。
あげるよ。」

いえいえ

雅姫さんの本同様

お借りして
あとでちゃんとお返しします。
苦笑

a0165160_11250619.jpg
@beauty salon
革のシェーカーボックスも素敵


いつもいつも

鏡を見ず
髪を見ず
叱られてます
・・・


昨日は
「〇〇ちゃん ひげ生えてるよ。」
お顔まで
剃っていただきました。


恥ずかしいくらい
美容には無頓着



美しい写真に出会った雑誌
a0165160_11285852.jpg
この雑誌

時々
興味あるテーマのときは
私も買っています。



三部さんの写真 探してみようっと。







by heart_ivy | 2018-06-21 11:34 | favorite

walking 雨上がりの朝に思ふ♪

a0165160_11001069.jpg
am 6:50


気持ちよい雨上がりの朝


お弁当作りがなかったので
すこし遅めに出発


テクテク
テクテク


でも

美しい紫陽花の前では
足が止まってしまいますね。
a0165160_11005843.jpg
雨に濡れ
より美しく







息子たちがいた頃
夫の出勤時間が早かった頃

そんな朝は

いつも
いつも
バタバタ



夫が定年を迎えてから

穏やかに迎えられる
ゆとりの朝がありがたく。

「歳を重ねるのも悪くないな~」





サージュのお散歩
「朝は一緒に行かない?」
提案したら
あっさり断られてしまいました。


お散歩って
色々考える時間にもなっているので

お互い

ひとり

がいいのかもしれませんね。



今年の梅雨
過ごしやすくて助かります。















by heart_ivy | 2018-06-21 11:11 | flower & green

bundle 夏スエード×リネン






a0165160_19022288.jpg
genten
bubdleⅡ



ひと目惚れ

でした
a0165160_18544765.jpg



夏のセミフォーマルバッグ
を探しにデパートへ


バッグ売り場の一番手前のショップ

genten
夏の新作に出会い

店員さんもびっくりするほどの速さで
即決

ショルダー用のひもも付いています。


来月
4年半!ぶりの飛行機旅

そのときに
持って行きたくて。



家具も然り
洋服も然り
器も然り

拘りは
フォルムと素材


genten

原点
その名の由来は自然回帰

環境に優しい自然素材に惹かれて。


セミフォーマルバッグ

また今度
探しにいかなくちゃ
!!

a0165160_18383072.jpg
ステッチといい
この革ひもといい

"好き"

が詰まっていました。









by heart_ivy | 2018-06-20 18:40 | favorite

lunch box ×3  過ごしやすい陽気

a0165160_21340664.jpg
チンジャオロース
細切り昆布と人参とちくわの煮物
ニンジンの天ぷら
竹輪の磯辺揚げ
桜えび入り卵焼き

a0165160_21360714.jpg
鶏肉の味噌漬け焼き
きんぴらごぼう
さわらの西京焼き
ちくわオクラ
桜えび入り卵焼き

美十穀米




a0165160_21334291.jpg
枝豆と玉ねぎとコーンのかき揚げ
椎茸の肉詰め焼き
桜えび入り卵焼き
三つ葉の辛し和え
紫花豆

しらすと大葉の混ぜご飯





by heart_ivy | 2018-06-19 21:39 | food(お弁当・サンドイッチetc)

June 18 地震の被害に胸が詰まる思い

※ 日付が変わる頃 更新したこのブログ
 翌朝 文章を訂正・追記しています。

a0165160_23411012.jpg



自然災害

それは

季節も
時間も

考えれはくれないのですね

大阪の地震が発生したのは

ちょうど
小学生が学校へと向かう時間帯


リアルタイムで
緊急地震速報を耳にし
(NHK TV)
心臓がどきどきしていました。


お子さんを見送った後に
揺れを感じた
お母様方の不安と心配

どれほどだったでしょうか
胸が詰まります。




通っている学校の
塀の下敷きになって
亡くなった
小学4年生の女の子

ひとりで
どれほどの恐怖だったでしょう
・・・

心から
ご冥福をお祈り致します。






追記

倒れた塀の映像を見た時

「鉄筋 入っていないの?」
その不自然な壊れ方にも
疑問を感じていました。

違法建築だと知り
憤りでいっぱいです。

女の子はお当番で
少し早く登校して
被害に遭われたとのこと。

塀の真下がグリーンベルト
避けようもないです。

普段から
少し早めに登校する
良い子だったそうで
無念すぎます
・・・


そして


もしも
たくさんの児童が歩いている
時間帯だったら
想像しただけで
震えてしまいます
・・・



女の子が犠牲になる
事件・事故のニュースが続いていて
とても悲しいです。






by heart_ivy | 2018-06-18 23:46 | flower & green

20℃ ラブラドール日和

a0165160_09531689.jpg
JOHOKU PARK


遊具のある広場やグラウンドは
賑やかな日曜日

少し奥へはいると
とっても静かです

a0165160_20432768.jpg
色鮮やかな紫陽花とは
また違う魅力のガクアジサイ

このなんともいえない
控えめな色彩に惹かれます
a0165160_10010143.jpg
土の上を歩かせてあげたくて。






今日も
6月とは思えない
過ごしやすい陽気

こんな貴重な日は
何よりもサージュ優先

「公園に連れて行ってあげたいな~!」
久しぶりに。

いつもより
調子よく歩く
サージュ

少しだけ距離を伸ばして
この場所まで。


そろそろ
帰ろうね
声をかけた瞬間

足がもつれて
顔から転んだサージュ

ドキッとしましたが
少し休んで復活


どろんこ

可愛くて
顔を拭いてあげる前に
パチリ


「ごめんね。」



a0165160_20552015.jpg
「おかあさん 早く拭いてね~」


"老い"

それは
思いがけないアクシデントの連続

もう少し手前で
引き返してあげればよかった
後悔。

足腰の急激な衰え
切なくなります
・・・

でもでも

公園は気持ち良かったね。



memo

梅雨の晴れ間の日曜日

覚悟していきましたけれど
やはり
パーキングは

満車の恐怖
私が名付けました。

好きな場所に停められず
待っている間に
「どうか停めやすい場所が空きますように」
祈るわけです。

でも
でも

時に
ありえない場所に誘導されます。

10年以上通っている公園ですけれど

「こんな場所 あったの~??」


両脇に大木
一台分だけのスペース

しかも
前には
大きな車が並んで停まっていて
奥行き狭く
「切り返せるかしら?」
ドキドキ

何度も切り替えし
バックで停めた瞬間

誘導してくれたおじさんの拍手
苦笑

拍手を頂いたの
初めてのことでした。


やはり

満車の恐怖なり。












by heart_ivy | 2018-06-17 21:07 | with dog(日常・お散歩)

Father's day ワインのようなボトルデザイン♪

a0165160_20120001.jpg
ARAMASA
No.6 S-type Essence





長男夫婦から届いた
父の日の贈り物


錫の酒器とお猪口を買ったこと
知らないのに

グッドタイミング
グッドチョイス



私が飲み過ぎないように
しなくちゃ
!!



お嫁さん
贈り物のセンス
いつも素敵で
私も学びます。











by heart_ivy | 2018-06-17 20:21 | drink(お茶・お酒etc)