*living seed*

ivyheart.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 54 )   > この月の画像一覧

cava croquette 素敵な友人のお家へ♪

a0165160_19065305.jpg
お菓子の箱に詰めて♪


友人のリクエスト

サバコロッケ
私の定番
鮭とキャベツのイタリアンコロッケ
作って

アンジェリーナのクロワッサン

おみやげに

久しぶりに
素敵な友人のお家へ


待っていてくれたのは
友人の素敵なお仲間
とってもおしゃれなテーブル

美味しくて
温かくて

感激でした。


a0165160_19112260.jpg
明日
ゆっくり綴ります。


すごく幸せな一日でした。

「ありがとう~♪」





by heart_ivy | 2017-11-30 19:12 | food(ごはんetc)

gentle little trip 老犬になったサージュと

a0165160_18380733.jpg

「サーちゃん サーちゃん」

まるで
子供写真館のカメラマンのように
ホテルのオーナーさんが声をかけてくれて
撮ってくださったのに
サージュはニコリとも
しませんでした
・・・


でも
自宅に戻って
思いがけない嬉しいことがありました。


サージュの脚
元気復活
!!

階段も介助なしに
昇り降り

お散歩から帰ってきても
すぐに

スタスタ
一人で昇ってきます。


自然に触れ
起伏のある道を歩き
雪の中を走って
・・・

「連れて行って良かった~♪」


足腰が弱り
排泄の間隔も短くなり

それまでの旅ではなかった

心配なこと
大変さ

ありましたけれど
・・・

また
「一緒に行けたら」
願うばかりです。

長い旅行記にお付き合いくださり
ありがとうございました。

少しずつ
文章を訂正したり
写真を追加したり
編集していきたいと思っています。

ブログを始めて

記録することの意味・大切さ
学びつつも
過去のブログを見ることは
ほとんどないのですけれど
・・・

旅の記録だけは
振り返ることが多いです。


それだけ

サージュを連れての
小さな夫婦旅
私の人生にとって
かけがえのない
大切なものに
・・・
a0165160_18525597.jpg
「ぼく まだまだ元気だから
また旅行行きたいよ。」










by heart_ivy | 2017-11-30 18:53 | with dog(旅行・キャンプ)

made in FUKUSHIMA くるみゆべし

a0165160_21440426.jpg

今夜のデザートは

福島のくるみゆべし

パッケージの可愛さに惹かれて。

会津木綿で手作りした
コースター
敷いてみました。

あっ
ほとんど写っていませんけれど
・・・


a0165160_21542523.jpg


職場にも
箱入りの同じものを。

好評で嬉しかったです。

買ったときには
わからなかったのですが

福島銘菓 薄皮饅頭
と同じ
柏屋さんのものでした。

くるみ好きなので
くるみゆべしも大好きです。

2年前の福島旅で
職場に買って帰ったおみやげ
全く思いだぜず
今回はブログに記録したのでした。

福島は美味しいものも
たくさんあります。





by heart_ivy | 2017-11-29 21:57 | food(おやつetc)

TOHOKU no teshigoto 日常を豊かにしてくれるもの

a0165160_16070633.jpg
cup : kinooto koubou (aizu wakamatsu)
suger pot : yakimono ryu(sendai)
hashi&owan : aizuno(kitakata)
coaster : IIE (aizu bange)
cloth:shop ito (aizu wakamatsu)




今回の旅
出会ったモノ
再会したモノ

東北の丁寧な手仕事から
生まれたものは

東京での日常
豊かなものに変えてくれます
・・・

家族の食卓に
お友達を招いた食卓に

大切に使っていきたいです。


写真はその一部

惹かれるものが多過ぎて。

夫も器好き 東北好きで良かった~!

「いいね。いいよ。」
たくさん買ってもらったのでした。


a0165160_16172400.jpg
そして

会津もめん
のれんやティッシュボックスカバー
テーブルマットなど
暮らしを彩るものを
作っていこうと思います。


今回
生地をたくさん
買い込んできました。

また
改めて紹介させてくださいね。

memo

コーヒーカップシュガーポット
大内宿のカフェで購入しました。










by heart_ivy | 2017-11-28 16:19 | table wear

FUKUSHIMAその8 車窓からの美しい風景


a0165160_14313416.jpg
ura-bandai

a0165160_14522704.jpg

雪道の命綱である
スノーポール
(道標)
手作業
立ててくださっていて
頭が下がります


a0165160_14334512.jpg


思いがけず
銀世界を車で走って



8年間 暮らした北国生活

どちらからともなく
思い出していました。

「懐かしいね~」
息子たちが
一番可愛い時期でした。




雪は
サージュへの贈り物


でも

私たちにとっても
少しだけ
旅を情緒的にしてくれたのでした。





「また いつか暮らしたいね。」




冬装備

人も車も
大変だけれど

雪国ならではの
美しく静かな風景
温かな知恵のある暮らし


とても惹かれるのでした。


今回

お会いした福島の皆さん

優しくて
温かくて

時間も
ゆっくりと流れます
・・・


そして

このブログに
何度も書いていますけれど


初冬の山々の橙色

何度見ても感動でした。


a0165160_14302719.jpg

a0165160_14441042.jpg
水の色の美しさに!

a0165160_15015848.jpg
ashinomaki onsen
a0165160_14305425.jpg
10回に一回くらいは
停めてくれたのでした。

a0165160_14325205.jpg

※ まだ 途中です


by heart_ivy | 2017-11-27 14:45 | with dog(旅行・キャンプ)

FUKUSHIMA その7 蔵のまち 喜多方 




a0165160_11474353.jpg
nurinosato

a0165160_11471932.jpg

a0165160_11500764.jpg
マットは会津型という木綿だそうです。
a0165160_13432687.jpg
ネーミングにほっこりして注文。



a0165160_11511119.jpg

最後に立ち寄ったのは

蔵のまち
喜多方

会津若松と同じくらい
大好きな街です。


コースはいつも同じ

上海さんでラーメン

酒蔵巡り

会津塗の器

そして

最後は蔵カフェで休憩


今回はぬりの里さんで。


両隣のテーブル
地元の方々がお茶していらして
柔らかな会津弁
とっても
心地よく
いつまでも聴いていたい
・・・
そんな気持ちでほっこり



a0165160_11415582.jpg
yamatogawa syuzou
a0165160_14101733.jpg
「ボクは車でお留守番ばっかりだったよ。」



memo
a0165160_13525066.jpg
静まり返った蔵に
ジーンときてしまいました
・・・



喜多方で一番のお気に入り
お味噌とお醤油の蔵元
金忠さん

お隣では
お味噌やお醤油をいかした
〇豆カフェ
娘さんが開いていて
どちらも
温かく優しく
大好きでした。
もちろん
美味しくて。

最後はこちらでお茶して
お土産を買う予定でしたが
今年の一月に廃業されたそうです。

原因は311から
続いた風評被害による
売上減少だそうです。

胸が痛みます
・・・

蔵も有形文化財

まだ
信じられません
・・・








by heart_ivy | 2017-11-27 13:37 | with dog(旅行・キャンプ)

FUKUSHIMA その6 五色沼の冬景色

a0165160_07222796.jpg
bishamon numa


a0165160_07231582.jpg
-3℃



もうひとつの旅の目的

それは
五色沼トレッキング

高齢犬のラブにとって
自然に囲まれた
起伏のある道を歩くことは
とってもいいそうです。

楽しみにしていましたが
真っ白


サージュは平気でしょうけれど

私たちの足元が心配
!!
あきらめました。


でも

美しい冬風景に感動~!


この時期
雪国は一晩で
景色が一変します。


前日は

a0165160_07282083.jpg
3℃
a0165160_07290072.jpg



五色沼に近い
プチホテル
フットルース

もしかしたら
明日
雨かもしれない
宿に行く前に立ち寄り
少しだけ歩いたのでした。

サージュ 張り切って。

このとき
翌朝
ここまで降るとは
・・・

もちろん
車は雪道の準備
してきました。


こんなとき
北国での暮らしの経験
役に立ちますね。



a0165160_07325398.jpg
「おかあさん ちゃんとついてきてね。」



memo
a0165160_07450489.jpg
五色沼のパーキングで
サージュの撮影会

ツアーの方々に
声をかけていただきました。
a0165160_07524279.jpg











by heart_ivy | 2017-11-27 07:34 | with dog(旅行・キャンプ)

FUKUSHIMA その5 ボジョレー・ヌーヴォーでお祝い♪

a0165160_15541647.jpg
fukushima ura-bandai



IEE Lab.
だけで
大満足でしたけれど
・・・

会津若松
七日町
定番のお店めぐり

お昼は
いつもの権現亭で新そばを
頂きました。

そして

夜は
お宿で
結婚31周年と還暦のお祝いを。


a0165160_16000111.jpg
a0165160_15572822.jpg
a0165160_15594300.jpg
ご夫婦で営まれている
5部屋のみ
犬と泊まれるプチホテル

この夜

私たちだけでしたので

オーナーさんも
ワイングラス片手にご一緒に。


ご夫婦共に
東京のご出身だそうです。

プチホテル開業に
至るまでのお話伺いました。

いつもは日本酒
ですけれど

2人でワイン

いい夜でした。

足元にはサージュ

a0165160_16424674.jpg

夜は酔っ払いで
サージュの写真 撮り忘れ
朝食にパチリ




5月に伊勢でも
結婚30年のお祝をしたので
まだまだ
思っていたら
結婚
32年目を迎えて.



還暦に気をとられ

当日
2人とも忘れていたのでした。



感謝の気持ちでいっぱいです。

息子たちにも報告したのでした。

「いい旅をありがとう♪」

あっ
旅はまだ続きます。


ご興味のある方だけ
訪問していただけたら
幸いです。

いつもありがとうございます。



by heart_ivy | 2017-11-26 16:04 | with dog(旅行・キャンプ)

FUKUSHIMA その4 モダンな会津もめん

a0165160_14481580.jpg
IIE Lab.

大内宿のカフェで教えて頂いた

大好きな会津木綿
IIE
新しいものづくりの拠点へ

a0165160_15390059.jpg
ワクワク
ドキドキ

a0165160_14531303.jpg

私たちの車のナンバーを見て

遠くから来たことに
感激してくださって

shop
だけでなく
実際に織っているお部屋も
案内してくださいました。

(稼働してないのは祝日でお休みでした。)

a0165160_14595191.jpg
古い織機に
IIEオリジナル
モダンな会津もめん

感動でした。

聞けば
色柄はデザイナーに
依頼しているそうです。

a0165160_15002207.jpg
廃園になった幼稚園活用して
ものづくりの拠点に。

スタッフの方も
温かく
優しくて。




胸がいっぱい
そして
嬉しさパニック
商品を選べない私の横で

サッと
ストール選び
巻いて

「ミラノ巻き ご存知なのですね。」
お店の方に
お褒めの言葉を頂いた

「このまま巻いて帰ります」

a0165160_14514963.jpg
意外と似合ってます。


私の付き添いだったはずなのに
・・・

福島旅の夫婦の楽しみ

また
ひとつ増えました。


私は東袋とコースターを。


※IEEは商品のみで生地は販売していません。

会津木綿のくるみボタン
ガチャポンも
あって

お教室をそのまま
ショールームにしたり
そのセンスに惹かれたのでした。
a0165160_15392742.jpg

以前も書きましたけれど

IIE
ひっくり返すと
311

東日本大震災で
仕事を失った方々の
働く場を作るために
生まれました。

優れたデザイン
オリジナル会津木綿

その商品は
お土産屋さんなどで目にする
会津木綿の小物より
お値段は高めです。

でも
それだけ魅力があります。


微力でも
福島を応援できれば
オンラインショップもあります。


”デザイン力”
IIEから学びました。





memo

米どころでもある福島

IIE Lab.までの
田園風景
それはそれは
美しく

途中

柿畑
リンゴ畑

絵になり

私がドライバーなら
停まって
パチリしたのに
・・・


素晴らしい風景でした。










by heart_ivy | 2017-11-26 15:16 | shop(家具・雑貨etc)

FUKUSHIMA その3 思い出のドッグヴィラへ



a0165160_13443063.jpg
Anjel Forest
nasu shirakawa

大内宿を後に
向かったのは

サージュとの思い出が詰まった
この場所

2012
震災後
サージュを連れて
初めての福島旅

ヴィラと犬のための施設
とっても気に入って
2泊の予定を3泊に変更。

サージュが駆け回り
喜ぶ姿

嬉しくて
嬉しくて

「毎年ここに来ようね。」
翌年には三度も訪れました。

ブログに記録が残っています。



a0165160_13464123.jpg
lake side dog villa

あの時と同じヴィラ

でも

サージュは
専用のドッグランで
一度も
走る姿も笑顔も
見せてはくれませんでした
・・・


ひとの7倍のスピードで
歳をとる
ラブラドール

切なくて
切なくて

でも

記憶力は抜群

ここへ何度もきて
走ったこと
きっと
思い出したことでしょう
・・・

夕食はサージュの足を気遣い
移動しなくて済む
お部屋でのしゃぶしゃぶに。


大好きなお肉

少しだけ
あげてしまいました。


a0165160_13533040.jpg
restrant

遠くに宿泊したヴィラが見えます。



息子たちが巣立つ前
家族旅行をしたときも

親の思い出作り
感じたのと同じように

サージュのため
というより
飼い主の私たちの思い出作り

そんなことを
思ってしまいました。


a0165160_14053353.jpg
「ボクのごはん まだ?」
a0165160_14323727.jpg
朝食はレストランで。
まだまだ
食欲のあるサージュ

足は衰えてきましたけれど
元気ですので
ご心配なく。

a0165160_14111405.jpg
出発前

もう 最後かな
・・・
ジ~ンときてしまいました。

「ありがとう。 レジーナの森」

この場所があったから
福島に何度も旅して
会津木綿 
会津塗り
本郷焼
福島の伝統工芸
優しい地元の方たち
出会い

大好きになりました。


memo



大好きなレジーナの森

今年9月
運営会社が変わり

名称も
エンゼルフォレスト那須白河に。

私たちは
レジーナの森のときのほうが
センスもよくて好きでした。

残念です。


月日とともに
いろいろ変わりゆくのは
しかなたのないことですね
・・・















a0165160_13433318.jpg

by heart_ivy | 2017-11-26 14:14 | with dog(旅行・キャンプ)