人気ブログランキング |

*living seed*

ivyheart.exblog.jp

2018年 07月 14日 ( 3 )

Men's Interior 一人暮らしと母心


a0165160_15323502.jpg
Son's room



大分へ向かう朝

「ちょっと寄って行く?」
息子の住まいへ


以前
写真が送られてきて
意外と綺麗に暮らしていて
安心していたのですけれど


実際にこの目で見ると
安心感が違いますね。

内緒で一枚だけパチリ

もしも
この写真がブログから消えたら

「息子に叱られた」
思ってくださいね。


住まいの環境もわかって
職場も教えてもらって


これからは

離れていても
息子の生活がイメージできて

「ちょっと嬉しいなぁ~♪」

a0165160_15120786.jpg
ジャケットを着ているくらい
熊本はお出掛けにちょうどよい薄曇りでした。

通勤も車で10分!

地方都市の魅力ですね。


私も
とっても気に入ったので

もう少し
熊本に居て欲しいな~!






"母心"

それは

成長する過程においても
大人になっても


女の子
男の子

では
全く違ってきますね。


男子の母は
成人して自立したら

あとは
干渉せず

遠くから見守り応援するだけ。

でも

もしも
娘さんだったら

住まいひとつとっても
防犯がちゃんとしているか
周りの環境は安全か
通勤までの道のりは暗いところはないか
いろいろ心配になると思います。




そんな理由で

私は積極的に
息子の暮らす地へ

「行こう!」
とは
思っていなかったのです。


でも

東京に帰ってきても
彼女がずっと一緒だったり

友達に会う時間は作れても
親と大事な話をゆっくりすることができず。



そんな時

「結婚したら 気軽に遊びに行けないわよ。」
「思い切って 熊本行ってきたら?」
背中を押してくれた友人




「行って良かった~!!」

友人に感謝の気持ちでいっぱい。

背中を押してもらったり
勢いで決めてしまわないと
実現しない旅って
あるのですね。






一番良かったことは

熊本での生活
仕事を頑張っている様子も垣間見れ
安心したこと。



そして
もうひとつは

熊本での息子
東京で会う時より 優しかった~!!



クセになりそうです。

何度も行ったら 嫌がられますね。







by heart_ivy | 2018-07-14 16:07 | interior

KUMAMOTO その11 天然温泉 露天風呂のあるホテル

a0165160_14343426.jpg
dormy inn KUMAMOTO 13F




宿泊先の条件はただひとつ。


「温泉のあるホテル 探してね~♪」
息子に頼みました。


温泉が大好きなのです。




でも
それを満たしてくれただけでなく

立地
サービス
お部屋
etc


"満足度120%"

でしたので
ご紹介させてくださいね。
a0165160_14350499.jpg

ビジネスホテル
なのですけれど

最上階にあるので
大好きな露天風呂まで
♪♪

雨も降らず
ゆっくり楽しめました。

とても綺麗なので
温泉に入っている間だけ
「旅館に泊まった気分~♪♪」


お風呂上りには
お隣にある休憩処で

美味しいプレミアムモルツの生ビール
一杯 無料サービス

ホテルの方が
サーバーから
美味しそうに注いでくださいます。

(生ビールにはうるさい私なので。笑)

今回
素泊まり希望でしたけれど

朝食を予約していなくても
レストラン内のドリンクマシーンは
自由に飲み放題
お部屋に持っていって飲むこともできます。


今どきのビジネスホテルって
こういうものなのでしょうか
・・・

私は大・大・大満足でした。




息子と二人で同じホテルに2泊するなんて
なかなかない機会

思い出を共有できて 幸せでした。




ひとつ気になったのは

私は4階
息子は12階
お部屋

予約もお部屋選びも
全て任せたので

もしや
自分たちだけ
良い部屋
泊まっていたのでは??

次男ならありえます。



今回は太っ腹の母でした。



memo


熊本行を決めた時

「ホテル代もったいないし
ボクの家に泊まる?」
声を掛けてくれたのですけれど


真夏

好きな時間にチェックインして
シャワーも浴びたいし
何より
リラックスしたくて断ったのでした。

息子の部屋だと
色々気になって働いてしまいそう
!!!





by heart_ivy | 2018-07-14 14:59 | おでかけ(地方)

KUMAMOTO その10 熊本城公園 二の丸広場 大地震の爪痕

a0165160_11180282.jpg
熊本大地震で崩落した石垣

復旧作業のため
整然と並べられ

ひとつ
ひとつ
記号・番号がふられていました。






a0165160_13021143.jpg



a0165160_13062032.jpg


大地震は2年前の4月


東京で暮らしていると
遠い記憶の中で
徐々に薄れていってしまいそう
でも
こうして
災害を目の当たりにすると
忘れることはないです。


2011年夏に
陸前高田の一本松
変わり果てた風景を見た時と同じように




a0165160_11200179.jpg
こちらは
無造作に置かれたままの石垣

これらをすべて修復するのに
何年かかるのでしょうか。

a0165160_11220428.jpg

遠くに
熊本城

復旧工事のクレーンが二基 見えます。


そして

手前は池ではなく
大雨による水溜まりなのです。


前日まで
雨が降り続いていたこと
うかがい知ることができます。

a0165160_11454841.jpg
a0165160_12582459.jpg
ズームして撮った写真

もちろん
近づくことはできません。

立ち入り禁止の柵も至る所に。

a0165160_12593758.jpg


熊本県立美術館は
熊本城公園の二の丸広場の一角にあります。

美術鑑賞の目的で
訪れたのですけれど

熊本城の現状を知ることができ
貴重な体験でした。



そして

土曜日の午後にもかかわらず

大雨予報の影響でしょうか
二の丸広場は静まり返っていました。


県立美術館~工芸館
見学して

緩やかな坂を下りて坪井川へ


この写真を撮った時は
まだわかりませんでしたけれど

ちょうど
熊本の中心地に到着したのでした。





a0165160_11482248.jpg
雨の影響で濁流でした。



memo


今日で
西日本豪雨から一週間

私が熊本旅に出発した日から一週間


広範囲で
自然災害に見舞われ
何とも言えない気持ちになります。


















by heart_ivy | 2018-07-14 14:25 | おでかけ(地方)